2013/2/17(日)番外編 【お父様のご見学】

私の知人(先輩)にあたる方がクラスのご見学に来てくれて、
そのご感想が嬉しかったので掲載させて頂きます。

 

一児の父でもある彼の言葉はとても力になります。
編集一切無しの本文でどうぞ。
とよ

 

先日、友人がやってる英会話教室を見学させてもらいました。

 

本場アメリカの大学でアメフトを経験し、

 

K-1の選手としてオランダで修業を積んだ(あの故アンディ・フグの弟子!)、

 

そんな彼がどんな事を教えているのか、知りたくてね。

 

行ってみると、子供達は当たり前のように日常英会話をこなしていました。

 

もちろん簡単な言葉ばかりですが、自然に英語が出てくるってスゴイですよね。

 

また、英語で弾丸トークをする先生(友人)とも、ちゃんとコミュニケーションが取れている。

 

どうしてここまで教えられるのか?しばらく見ていて、何と無く分かった事。

 

まず、彼は英語を教える以前に、子供達の「心」を鍛えて、自立した人間に育てるための指導をしていました。

 

そのために、子供達に自分の意見を持つ事の大切さを教え、それを実践させていたんです。

 

だから彼は、文法や単語の間違いなんか、ちっとも気にしません。伝えようとする努力を認め、全部を受け入れてくれる。

 

おのずと子供達も、安心して次々に発言する。

 

なるほど…

 

更に、僕はこれが一番、感銘を受けたのですが、

 

彼は生徒達を、一人の人間として扱っていたんです。

 

子供扱いせず、一人一人と真剣に、熱く、そして本気で関わっている。

 

信頼されたら応えたいのは、子供も同じなんですね。子供の表情を見ていると、先生(友人)との信頼関係が半端じゃないってのが良く分かりました。

 

意外と、そういう先生は少ないです。生徒より、親の顔を気にしてる先生は多いですけど。

 

そんな彼は、こう言います。

 

「日本人は英語が下手?とんでもない。アメリカでも世界でも、日本人より下手な外人がたくさん活躍している。英語が上手く話せるより、何を伝えたいのか?の方がよっぽど重要です」

 

経験上、僕は英会話教室だけでなく、数々の「お教室」を見て、親として体験もしてきましたが、

 

彼のようなやり方が、これからのスタンダードになって欲しいなぁと、強く思いました。

 

あ、そうそう。

 

彼の名誉のため?に言っておくと、彼の笑いのセンスは、アメフトや格闘技以上だと思います。
知人 T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です