2012/2/22(水)お手紙を頂きました。


とよ先生編集後記
ただ全力で、ただ本気でぶつかっているだけ。
子どもと接している瞬間は、
e-kidsがもしみんなに嫌われて、メンバーがいなくなってもしょうがない。
ただ、俺はこの目の前の子に自分が正しいと思っていることを全力で、
俺の持っている全てをぶつける。
この子の周りにいるどんな「先生」と名のつく人間より、命賭けてぶつかってやる。
こう思って接しています。
こうして頂くお手紙はe-kidsが形になってみえる数少ない成果です。
でもこのお手紙が出発点。これが結果ではなく、「期待しているから頼むぞ!」
のお知らせです。
期待してもらっている以上のものの提供。これからも目指します。

 

「今、e-kidsに通わせる事は子どもへの最高のプレゼント」
これ以上の褒め言葉がありましょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です