2011/9/14(水)【High Five】保護者の方から頂いたメール

以下、保護者の方から頂いたメールです。

 

↓↓↓
とよ先生のレッスンはいつも力が入ってしまいます。

先生がよく口をあけている子供に「口を開けているんじゃない!!」

叱っていますが、あまりの迫力に見学させてもらっている

私も口を閉じて冷静に見られた日はないように思います。

特に柔道やフットボールで戦うときは自分の子供だけではなく

どの子を見ていてもこちらの力が入って

最後には拍手を送りたくなります。

その中でも一番好きなのがhigh fiveです。

(単語を聞き間違えてますか?手のひらでタッチするものです)

今まで、敵だったもの同士が

「敵として自分と戦ってくれて有難う。お前もがんばったな」

と讃えあう瞬間です。

先生が先日おっしゃっていた

「敵がいてくれるから今の自分がある。敵に感謝しろ」

という教えですよね。

 

先日、息子の友人が海外へ引っ越すことになり

おそらく永遠の別れになるだろうという経験をしました。

 

そのときに、男の子同士なので女の子のように

「お手紙書くから住所教えてね」「日本に帰ってきたら会おうね」

なんていう会話はないとは思っていましたが

どうするのかな?と離れたところで見ていました。

 

友人が一人寂しく反対方向に帰ろうとしていて

息子も途中まで私のほうへ足を運んでいたのですが

少し迷ってその友人の方に引き返し、

何か一言告げて友人にhigh fiveをして

私のほうに帰ってきました。

なんだか男の友情を感じて感動してしまいました。

あとで聞いたところ「げんきでね」と一言いってきたそうです。

 

息子には
「あなたは◯くんがイギリスに行っても

何も変わらない生活があるけれど、イギリスに行った◯くんは、

向こうに行ってあなたが引き返してまでも

手と手を合わせて別れを惜しんでくれたことを

必ず思い出す日があるよ。

いなくなってしまってから後悔しても遅い、

あの時しかできなかったことを今日できたのは

いつもe-kidsで相手を認め合うhigh fiveの習慣があるからだね」

と親子で話しました。

 

きっと私が思うよりもっと奥の深い意味もあるのでしょうが

相手を認め自分を高めるこの習慣をe-kidsのメンバーには

ずっと続けてもらいたいと思っています。

e-kids 母

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です