第19章 【楽勝だと思っていた就職活動】

e-kids設立は2005年10月だから、後たった9ヶ月なのにここからが近いようで遠いです!
さぁ、キックボクシング生活引退を決意しました。
それに伴い、働いていたジムも辞めるので仕事を探さなければいけません。
アメリカでアメフト頑張ってきました。
キックボクシングではプロのリングにあがりました。
海外もいろいろ経験して英語も話せます。
こんな私を欲しくない会社なんてあるわけない!
なんせ、私はあのモスバーガーの「地球遊学生」で4800人の中から選ばれているんです。
ちょろいです!私ならどこでも、就職できるに決まっています!
とりあえずテキトーに英語を使う会社に問い合わせやら、履歴書を送りました。
ほれほれ、どんな会社が私を欲しいんだい。
1週間目 テレビゲームをやりながら返事を待ちます。
2週間目 ポストを1日12回ほどチェックし始めます。
3週間目 公園を徘徊し始めます。
1ヶ月目 独り言が多くなります、で、泣きそうになります。
いや、泣きました。(涙)
へ?(汗)
へ、返事すら来ない・・・
やっとのことで面接に行けたとしても、
会社の方
「で?営業の経験は?経理は?あ、何もやったことないのね。
はい、では、合格の場合はこちらからご連絡しますから・・・」
もちろん、いくら待っても連絡などありまっせん!
おいおいおい、ヤバイんじゃない?
不況ですね、はい。
企業も即戦力を欲しいわけだから、筋肉バカを育てている暇はありません。
ただの筋肉バカじゃありません、自意識過剰のやつ、です。
タチが悪い筋肉バカです。
どこの会社が使ってくれましょう。
この時期はマジで落ち込みました。
この半世紀シリーズでお馴染み!「やっぱり甘かった」
自分にがっかり、です。(笑)
辛かったです。
スポーツとはまた別の、「世間の厳しさ」をたくさん学んだ時期でした。
相手をパンチで倒せるとか、バーベル何キロ挙げるとかなんて社会ではどうでも良くて、
社会の役に立ち、人の為になる仕事を毎日コツコツする事が大切なんだ。
人と違う世界で生きてきたぜ、俺、すげーだろ。
社会の歯車なんかになりたくねーんだよ。
と、言った所で、人に必要されない人間なんて、
まず社会の歯車に入れてももらえないんです。
お金なんて簡単に稼げると思っていました。
早く仕事を見つけないともう来月の家賃が払えません!
少しずつ自分の愚かさに気がつきました。
ビニールハウスからニョキっと横に広げた枝が飛び出て、外気に触れた感じでした。
そんな中、下手な鉄砲が一発当たりました。
試用期間として会社に勤めさせてもらえる事になりました。
社会人相手の英会話学校の先生でした。
既に春、冬の電車の中でも1人半袖の私がこれから夏に向けてスーツで出勤です。
19章はここまで。
次回は2005年春、幻のサラリーマン生活のお話しです。。
「幻」・・・
次のシリーズのオチが既に見えてしまっています!(笑)
第19章【楽勝だと思っていた就職活動】最後まで読んで下さりありがとうございました。
後、数歩でe-kidsです。
ここからもう少し一歩一歩、
噛み締めてシリーズが続きますのでもう少しお付き合い下さいませ
窪田豊彦 184cm 98kg(焦って痩せました)29歳
社会に属せるのでしょうか。