第1章【4600g ~ 160cm】

イメージ 1
日本国東京都練馬区に生を受けます。
 
4600グラム もちろん帝王切開。
 
 
小学生のころ
 
「世界ビックリ人間!」みたいなテレビ番組を観ながら、
 
「すごいよ、おかあさん!ジャンボベイビー。
 
うまれたとき、5キロだって。」と私。
 
 
台所で洗い物しながら、母。
 
「あんたと  400グラムしか変わらないじゃない」
 
私「・・・あ、そなの」
 
 
保育園。
 
当時の記念撮影などみても、
 
小学生2年生くらいが
 
1人出遅れちゃったみたいな感じで写っています。
 
ケンカするといつも私だけ怒られるのが、納得いかなかったです。
 
身体が大きくて勝っちゃうから
 
大人からは悪者に見えたんだと思います。
 
このような社会(大人たち)からの扱いも
 
将来のe-kids「とよ先生」を創っていくのに影響していきます。
イメージ 21
 
 
小学校に入る前、初めての習い事が、
 
水泳でした。
 
 
小学生になる頃に柔道を開始。
 
水泳はずっと平行してやっていたから、
 
今でも水の中では自由に泳げます。
 
おかげで大学では水中人命救助のクラスも単位とれたし、
 
現在、水泳の先生もやっています。
 
 
 
柔道は父が柔道の先生だったので気がついたら
 
柔道着を着ていました。
 
 
小学生の柔道、町の大会なんて体がデカけりゃ勝てるから、
 
区民大会レベルでは出場したら上位入賞できました。
 
そこで、調子乗るなよって小学6年生で東京都でも強豪で有名な
 
中学校の合宿に強制参加させられました。
 
 
その中学校のOBの高校生の先輩に絞め技で気絶させらたのが
 
死ぬほどと言うか、気絶だから半分死んでいたんですけど、
 
怖かったのを覚えています。
 
 
柔道で絞め技は中学生から許可される技だから、
 
小学6年生の私は防ぎ方も習っていないです。
 
そんなの関係無い理不尽さ。
 
こういう経験も「e-kids とよ先生」を創っていきます。
 
小学生が高校生に首絞められて気絶って!
 
今ならニュースでしょう。
 
 
そんな中学生の柔道合宿に行っている最中に誓いました。
 
「オレ、ぜったいに柔道辞めてやる!この合宿おわったら柔道着絶対にきねーぞ!二度と柔道やら無い!」と誓い、家に帰って次の日に、意思を伝える場もなく柔道の練習させられていました。(笑)
 
その頃は9割の、いや私には私以外全員に感じました、
 
子ども達がサッカーか野球をやっていました。
 
 
そんなみんなは練習や試合の日が一緒です。
 
普通の小学生であれば「みんなと一緒にいたいなー」と、
 
思うのこの年頃。
 
仲間に入れなかったのが結構さみしかった記憶もあります。
 
ここでも「e-kids とよ先生」が創られていきます。
 
 
私が柔道も水泳も練習が無い日、みんなはサッカー。
 
一緒に遊ぶ子がいないんです。
 
優しいサッカーの先生が、
 
一緒にサッカーの練習に参加させてくれた事もありました。
 
そういう日々が少しずつ「e-kids とよ先生」を創っていきました。
 
 
 
「人と違ったことをやれ」「少数派になることを恐れるな」
 
今、子ども達に発信しているメッセージです。
 
 小学6年生 身長160センチ 体重50キロ
イメージ 22
 
「e-kids とよ先生」まで
 
後18年。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とよ先生の半生記 第1章  【4600g ~ 160cm】
 
最後までの読んで下さり、ありがとうございました。
 
次週は 第2章【183cm 中学生時代】です。
 
どうぞお楽しみに。
 
ここからはe-kids 11年目第1週の写真でお楽しみ下さい。
イメージ 4
イメージ 2
イメージ 7
イメージ 10
イメージ 6
イメージ 8
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 5
イメージ 9
イメージ 15
イメージ 19
イメージ 18
イメージ 14
イメージ 12
イメージ 16
イメージ 13
イメージ 20
イメージ 17