2008/8/14(木)クラスの帰りでの出来事。

e-kids クラスの帰りでの出来事。

自分の子供と、そのお友達を連れて、

電車に乗って次の電車に乗り継ごうと思っていたところ、

外国人のきれいなお姉さんがmapを片手に何だか困っている様子でした。

「おや?きっと乗る電車が分からないのかな・・・」

とすぐに気づいたのですが

声をかけようか、どうしようか・・・

これが日本人なら、何もためらわずに声をかけているんですが、

なんともあまり英会話に自信がない・・・

と、まぁ、一瞬躊躇しましたが、

ここは、えい、やぁ! と気合を入れて、

May I help you?

と声をかけました。

 

すぐに行きたい駅は分かったけど、

なんとも英語で説明ができずにしどろもどろ。

ところが、よくよく考えると私たちが乗るホームと同じ。

で、

「同じホームだから一緒に行きましょう、案内しますよ。」

と何とかジェスチャー交えて話したら

なんとか通じた。

(ホッ!)

 

別れ際には、その外国人の女性に何度もお礼を言われて

子供達も少し自慢気でした。

子供達二人の前での出来事。

子供達から、

「ママって、英語できるんだね~ すご~い」

って。

「そうだよ、ちょっと勇気いったけどね。

ちょっとやそっと間違えたって、通じちゃったね!」

(内心、ドキドキでしたが)

って、言ったら、

「toyo先生も間違えてもいいって、言ってたもんね。

toyo先生の言ってること、本当なんだ~。

僕も話せるようになりたいな~」

 

とちょっと嬉しいコメント。

英語が話せる憧れがより一層強くなり、

e-kids での教えを実感させる出来事になりました。

そんな事は、夜にはすっかり忘れている様子でしたが、

e-kids の親として、ちょっとかっこいい一日でした。

Boys, be ambitious.

 

e-kids 保護者

 

編集後記
クラス外でも思い出してもらえているのが嬉しいです。
また保護者の方へ英会話のケアも今後必要かと考える機会に。
「toyo先生の言ってること、本当なんだ~。」
に、「初めから信じろよ!」
と、反応する小さい自分を感じながら(笑)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次